発見

上野真人

高校卒業後、老舗の高級寿司店「銀座鮨からく」で寿司職人として料理のキャリアをスタートさせ、伝統的な技術を使った食材の取り扱いの基本を学びました。

季節の食材を使用することの重要性と利点、食材に合わせた包丁の使い方、

盛付けやホスピタリティについて経験を積みました。

修行を経て、次の一歩を踏み出すことを決心し、お店を離れて自身のキャリアを拡大

個人事業主として、「銀座はっこく」、「MGM macau」をはじめ、日本国内に留まらず様々な国のレストランをサポートする機会を得る。

ベトナム、イタリア、マカオで日本料理の基本を伝えたのち、現在は日本を拠点に活動する。エンターテインメント業界などが主催するプライベートパーティーのシェフを務めながら、2021年夏オリンピック期間中は、IOC関連施設での料理長に就任予定。

正確なサービスと優れたおもてなしは、各方面から高い評価を得ている。

イエローラベルブリュット

手綱寿司

シャンパンと食事の組み合わせは、人と人との繋がりを強くするきっかけを生み出していると感じています。シャンパンに寄り添いながら、楽しい彩りで多くの人を明るい気持ちにさせることができたら嬉しいです。

旨味を堪能できる一品に仕上げました。

様々な旨味と香りを特別にブレンドした米を 酸味のバランスを考慮した酢の力でまとめました 寿司米と伝統的な仕事を施した魚をはじめ、色とりどりの野菜・果物の間にスパイシーな パイナップルジンジャーを潜ませています カニとアボカドを和えたものを中心に納めていますが すだちの爽やかさも内包しました どこから食べても食感と香り、旨味を堪能できる一品に仕上げました。

より多くのレシピを発見