西 恭平シェフによる ヴーヴ・クリコ オンラインクッキングサロン

ヴーヴ・クリコ ザ・ニューメーカーズ コレクティブのメンバーであり、兜町の人気ビストロ「Neki」で腕を振るう西恭平シェフが、クッキングサロンを開催。西シェフが教えてくれる、おうちで気軽に作れるオシャレなペアリングレシピを是非作ってみてください!

 

白イカとアンディーブのサラダ仕立て、パイナップルソース

【材料(2人分)】

白イカ 1/2杯

アンディーブ(チコリ) 1/4個

クレソン 3枝

赤玉ねぎ 約1/6個

松の実(ロースト) 約15〜20粒

レモン(果汁は絞り、皮はすりおろす) 適量

塩 適量

オリーブオイル 適量

パイナップルソース(作りやすい分量)

パイナップル(小さく刻む) 1/2個

バター 大さじ1

ピクルス 大さじ1と1/2

ケッパー(酢漬け) 大さじ1と1/2

エシャロット(刻む) 大さじ1

シェリービネガー(ワインビネガーでも可) 大さじ1

レモン汁 小さじ1と1/2

オリーブオイル 大さじ2

塩 ふたつまみ

 

【作り方】

① 赤玉ねぎを薄切りにして水にさらし、その後ザルにあげて水気を切る。

② アンディーブ(チコリ)を掃除してから洗い、適当な大きさに切る。

③ 白イカを掃除してから切り込みを入れ、フライパンでさっと火を通し、レモン汁少々、塩適量、オリーブオイル適量で軽く味をつけてからからスライス。

④ パイナップルソースを作る。フライパンにバターを入れて火にかけ、パイナップルを炒める。水分を軽く飛ばすようにして煮詰めたらミキサーに移して撹拌し、ピュレ状になったものをそのまま冷ます。その他の材料を混ぜ合わせておく。

⑤ 皿に②のアンディーブ(チコリ)、③の白イカを盛り、クレソンをちぎりながら盛り、①の赤玉ねぎ、松の実のローストを散らし、④のパイナップルソースを回しかける。最後にレモンの皮を散らす。