ヴィンテージ2008

各ヴィンテージと同様、このワインはその年の気象や天候を反映しています。2008年は理想的な状態でブドウが成熟し素晴らしい状態で終えました。収獲はシャンパーニュ一帯で一丸となって、9月中旬から10月初旬にかけて完璧な気候のもとで行われました。

詳細

"1810年、マダム・クリコは最初のヴィンテージ シャンパーニュを発明し、2008年、ヴーヴ・クリコは65番目のヴィンテージ シャンパーニュを発表しました。すべてのヴーヴ・クリコのシャンパーニュと同じく、ピノ・ノワール(61%)が存在感を放ち、ヴーヴ・クリコらしい骨格を作り上げます。続くシャルドネ(34%)は、優れたバランスの理想的なワインに不可欠な気品とエレガンスを添え、そしてムニエ(5%)がまろやさをもたらします。ヴィンテージ 2008の新たな試みとして、5%のワインの醸造と熟成を、中央フランスの森で育った大きな木樽(foudres フードル)で行うことにより、シャンパーニュに力強さと豊かなアロマを加えています。木樽で熟成させたワインはブレンドのスパイスとなり、ほのかな木の香りやバニラの香り、トーストのアロマをもたらします。 亜硫酸塩含有。"

もっと読む

テイスティングノート

口の中であっさりと生き生きした純粋なアタックがあり、シャンパーニュの白亜質のテロワールの持つミネラル質から繊細に作られた、力強くてしっかりした味わいに移ります。ピノ・ノワールのフルーティーさの持つ寛容さが、軽くキャンディにした柑橘類の香り(レモン)のフレッシュさと調和して響き、フィニッシュで焼いたパンとドライフルーツ(アプリコット)の繊細な香りが美しく飾り立てます。ヴィンテージ2008は、力強さ、フレッシュさ、上質さが完璧に混ざり合い、信じられないほど長いフィニッシュとなっています。

透明、輝き、金色の光
持続的で際立つ発泡

焼いたパンの繊細な香り
軽くキャンディにした柑橘類
ドライフルーツ(アプリコット)

白身魚
白身肉
白肉
きのこ
カニ
熟成コンテチーズ

Details image
 
ピノ・ノワール
61%
 
ムニエ
5%
 
シャルドネ
34%
適量
辛口
8 G/L