RESERVATION

ヴーヴ・クリコおうちでシェフズテーブル

食の未来を造る次世代のクリエーター、ニュー メーカーズがヴーヴ・クリコと共に最先端の食のトレンドをご自宅のテーブルへ

フランスのシャンパーニュ・メゾン ヴーヴ・クリコは

1772年にシャンパーニュ地方ランスに創業以来、「ソレイル=太陽のように輝くブランド」として

その象徴的なYELLOW(イエロー)カラーを通し

人々に、「夢」「希望」「喜び」に溢れた美しいライフスタイルをお届けしています。

日々のライフスタイルを豊かに彩るヴーヴ・クリコが

唯一無二のラグジュアリーなサービスを新たにスタートいたしました。

これまでになかったケータリングサービス。ご家庭やキッチン付きのプライベートルームなどに、

レストランさながらのクオリティーを誇る料理や器、サービスまでをお届けします。

もちろんお食事と合わせるのは、ヴーヴ・クリコの代名詞とも言える「イエローラベル ブリュット」や

ヴーヴ・クリコを世界的ブランドとして確立したマダム・クリコの革新から生まれた「ローズラベル」。

大切な人たちと共に過ごすプライベートな時間を、肩肘張らず、リュクスにお楽しみいただけます。

料理の監修を務めるのは、

ヴーヴ・クリコが世界各国のガストロノミー領域で活躍するクリエーターたちとタッグを組み、

食の未来を描くコミュニティープロジェクト「Veuve Clicquot The New Makers Collective(ヴーヴ・クリコ ザ・ニュー メーカーズ コレクティブ)」に参画する、西恭平氏と森枝幹氏。

日本のガストロノミー界でも注目株の二人が今回、魅力的なスペシャルメニューを監修しました。

【西 恭平(にし・きょうへい)】

「Neki」シェフ

1983年京都生まれ。京都のホテルで修業後に渡仏し、

アルザス地方のオーベルジュでの勤務を経て帰国。

ミシュラン二ツ星店「キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ」を経て、渋谷にある人気ビストロ「rojiura」のシェフを務める。

その後独立し、2020年5月、

兜町に自身のイノベーティブフレンチ「Neki」をオープン。

【森枝 幹(もりえだ・かん)】

シェフ/プロデューサー。

1986年東京生まれ。調理専門学校を卒業後、オーストラリアへ。

世界のベストレストランの常連「Tetsuya’s」で料理を学び、

帰国後は京料理「湖月」、マンダリンオリエンタルホテル内

「タパスモラキュラーバー」で修業。 代沢「サーモン&トラウト」を経て、渋谷のタイ料理店「チョンプー」をオープン。

食関係のプロデュース業もこなすなど、幅広く活躍中。

Tableware

「ワンランク上のケータリング」を実現するために、

お客様の負担をとことん省く工夫を散りばめました。

例えば器類の準備。料理に使用する器はすべて、

当日の人数分を揃えて料理と共にお届けいたしました。

そのため、「人数分、揃いの器がない」などの

ご心配は不要。開梱や梱包、後片付けも不要です。

どんなインテリアにもマッチする、現代的で美しい器が

場を盛り上げてくれます。もちろん、

ヴーヴ・クリコ オリジナルのシャンパーニュグ

ラスやアイスバケツなど、ラグジュアリーな

時間を演出するなアイテム。

Gift
当日にご参加の皆さまにひとつずつ、器とフラワーのギフトをご用意いたします。
クラフツマンシップが香る器と小粋で美しい花を、楽しい時間の記念にお持ち帰りください。

Gift for KYOHEI NISHI plan

「fresco」のグラスウエア

ガラス作家、辻野剛氏が立ち上げた新たなブランド。

ハンドメイドが持つオリジナリティーをクラフトプロダクトに展開するという

意欲的な試みのもと、誕生した美しいグラスウエアは、

今や多くのスタイリストや料理人からも支持を集めています。

片手に収まる程よい大きさのグラスの名は「solito(ソリト)」。

イタリア語で「いつもの」という意味を持つ製品で、

つい手に取ってしまい、いつも使いたくなるさりげない良さが魅力。

カラーバリエーションは33色を誇り、そのどれもが絶妙な表情。

金型に一つ一つガラスを吹き込んで仕上げるという製法で、

重ねて収納できるのもうれしいところ。

少しずつ買い足して長く愛用できる、そんなアイテムです。

※写真はイメージです。色のご指定は出来かねますので予めご了承下さい。

Gift for KAN MORIEDA plan

「野口悦士」の器

今や海外のガストロノミーシェフやスタイリストからも人気の高い

器作家の野口悦士氏。

埼玉県に生まれるも、陶芸を志して種子島に渡り、

その後は唐津が生んだ偉大な陶芸家、中里隆氏に師事。

デンマークに窯を構えた後、現在は鹿児島で制作を続けています。

土の香りや、窯の周りの自然環境まで想起させるような器は、

力強さと優しさを併せ持ち、使いやすさはもちろんのこと、

料理を盛るとそれだけで、命を得たように生き生きとするのが特徴。

個展を開催するたびに作品は一気に売れてしまう人気ぶりで、

器好きにとってもたまらない、和洋の魅力が混在する器です。

※写真はイメージです。色のご指定は出来かねますので予めご了承下さい。

「福千代(しろちよ)のフラワーアレンジメント」

15歳から華道をはじめ、池坊短期大学を卒業。2013年に渡仏、フローリスト養成学校を卒業後、福千代(shirochiyo)としてファッションブランドのショールームの装花や

撮影でスタイリング、ワークショップなど行う。現在はパリと東京を行き来しながら活動中。

ケータリングのテーブルに更なる彩りを添えるフラワーアレンジメントにもご期待ください。

※福千代デザインのフラワーアレンジメントは、おひとり様1つずつお持ち帰りいただけます。

※写真はイメージです。季節や入荷状況により実際と異なることがありますので、ご了承下さい。

ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット

VEUVE CLICQUOT YELLOW LABEL BRUT

「ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット」は、1772年以来メゾンのシンボル的存在です。力強さとフィネスとの完璧なバランス、その複雑な味わいは、ピノ・ノワールの卓越した存在感から来るものです。メゾンが大切にする壮大なブドウ畑、そしてスタイルの一貫性を反映しています。

ヴーヴ・クリコ ローズラベル

VEUVE CLICQUOT ROSÉ

シャンパーニュの革新者マダム・クリコは1818年、白ワインに赤ワインを加える、世界初のブレンド製法によるロゼ シャンパーニュを生み出しました。サーモンピンクの美しい彩りに、新鮮な赤い果実のアロマ、フルーティーな味わいをお楽しみください。

当日はTRANSIT CREWのプロフェッショナルがお伺いいたします。 TRANSIT CREWは、ケータリングプロデュース、および各種ディレクションを展開するクリエイティブ・カンパニーです。ケータリングサービスにおいては、ファッションから企業、メーカーなどのさまざまなジャンルから、年間400件を超える案件やプロジェクトを実施。多くの案件やプロジェクトで培ったスキルをもとに常にパーティの話題を作りつづけています。メニューから空間演出、さらにはオペレーションスタッフに至るまで、すべてをワンストップでご提案・ご提供しています。

ヴーヴ・クリコの最新ニュースをお届けします

ヴーヴ・クリコ LINE公式アカウントで 最新情報を配信中! 

LINE友だちに追加