ラ・グランダム

ラ・グランダムはピノ・ノワールへの愛情が最大限に表現された、メゾンで最高の逸品です。 マダム・クリコと彼女が遺した創造性やエレガンスへのトリビュートであり、ラ・グランダムであった彼女自身のイメージが反映されたワインです。 ヴーヴ・クリコのメゾンにとってラ・グランダム1990は、2000年代が始まる直前の1999年に発売されたミレニアム・シャンパーニュなのです。 私たちの隠れた宝。 メゾンは格段の陽光に恵まれたこの年、名高いマグナムとジェロボアムを作り上げることを決断しました。

メゾンの隠れた宝。

素晴らしい年
1990年は例外的な日照時間の多さで、珍しい歴史的な年として知られています。 ブドウ園は太陽に約2100時間照らされ、過去30年間での最高記録を更新しました。 終わりがないように見えた夏の間、暑い日差しが穏やかに、そして着実に、ブドウの色と香りを最高の成熟度まで深めていきました。 太陽の光はヴィンテージ·シャンパーニュに類のない格別な品質を捧げ、今日、それは壮大な創造物となりました。この地方では1966年以降見られていなかった、湿度が高い暖冬から始まったその年、春は2月下旬にやってきました。 最初の夏の兆しも早く、穏やかな温かさが続いた3月に、1ヶ月近く早く蕾がほころび始めました。 12000ヘクタールのブドウ園は1990年、4月5日と19日の2回、春霜を耐え抜きました。
6月初旬のまだ少し肌寒い季節に開花し始め、他のブドウの木から遅れをとっていた木には、花振るい(もしくは花流れ)やミルランダージュ(ブドウの粒サイズが不揃い)を引き起こしました。 7月、この地方での夏の条件が揃いました。この時期における気温と降水量は平年並みでしたが、日照量は言うまでもなく驚くべきものであり、このヴィンテージの輝かしい将来が予見されました。 収穫の時期が近づくと、糖度は一気に上昇し、酸度は適度なレベルが維持されました。 シャルドネ種の収穫は9月の2週目に、ピノ·ノワール種はその翌週に開始されました。 ブドウ果汁は極めてバランスがよく、平均糖度は10,5g/l 、酸度は8g/lでした。 ボトリティス菌の影響を受けた一部のシャルドネ種を除き、この3種の品質は一様に際立っていました。この輝かしい年の晴れやかなフィナーレです。
ラ・グランダム1990のその独自のブレンドは、シャンパーニュ地方で最も有名な8つのグラン・クリュのブドウ園で育てられたブドウが昔から配合されています。 その61%はピノ・ノワールが占めています。 そして、そのブドウはヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のアイ、モンターニュ・ド・ランス地区のマルヌ、ヴェルズネイ、ヴェルジー、アンボネイ、そして、ブジーが原産地 となっています。 39%を占めるシャルドネは、コート・デ・ブラン地区のアヴィーズ、オジェ、メニル・シュール・オジェのグラン・クリュで収穫されています。
Play

パーセル

Vineyard Vineyard Vineyard Vineyard Vineyard

マダム·クリコは決断力、直感力、洞察力を駆使して、後に名誉あるグラン·クリュ格付けを得ることとなった、ブジー、ヴェルズネイ、ヴェルジーの村の素晴らしいパーセルを厳選し、獲得してきました。

テイスティングノート

ラ・グランダム1990のトップノートは、火打ち石、コーヒー、香ばしいパンのような、非常に豊かでスモーキーな香りが感じられます。 そして、ヘーゼルナッツや焙煎カシューナッツなど、ほのかな木の実のアロマが続きます。 このワインの独特の複雑さは、蜜蝋、はちみつ、さらにはバニラの、贅沢で温かみのあるノートによりまとめられています。
ハリのある口当たりに始まり、リッチなテクスチャーでしっかりと構成された豊かで完熟したワインです。 太陽光線のように表現豊かで長い余韻により、特徴的なヴィンテージが仕上げられています。 長期熟成のヴィンテージで、ワインに深みと力強さがもたらされます。
Agreements
mets & wine
  • ガーデン・ガストロノミー :
  • 新鮮な野菜
  • 新鮮なハーブ
  • 新鮮な果物

テクニカルノート

骨格リザーブワイン赤ワインドザージュフレッシュさフルーティーさ
骨格
PINOT NOIR
61%
フルーティーさ
Meunier
0%
フレッシュさ
Chardonnay
39%
リザーブワイン
ブレンド
0%
赤ワイン
なし
0%
ドザージュ
Brut
8 G/L
最適温度
10-12
熟成ポテンシャル
10 - 15
years
ブレンド
8
Grands crus
  • グラン・クリュ
  • ルミエ・クリュ
  • その他クリュ

ジェロボアムでの熟成度

この独特な大きさにより、より深みと複雑さが 引き出されます。 ワインの量と空気に接する表面積の比率は 75clの標準ボトルよりも小さくなるため、ワインをより長く寝かせることが可能になり、時間や酸化による変化に悩まされることも 少なくなります。 理想的な条件が揃う チョークセラーで澱とともに 長期間熟成させることにより、より複雑な香りをワインにもたらし、柔軟性、テクスチャー、深みが加えられます。