ラ・グランダム

シャンパーニュの「偉大なる女性」という異名を与えられるほどに、マダム・クリコは前衛的な女性でした。1805年の夫の死により、マダム・クリコがたわずか27歳でメゾンの舵を取ることになったとき、ビジネスの世界に女性の居場所はまだありませんでした。常に完璧を求めたマダム・クリコは、「品質はただ一つ、最高級だけ」をたゆまず追求し、その粘り強さと天性の才能により、自らの運命から解放されるようになります。

自由で野心的な女性として、マダム・クリコは、「サンクトペテルブルグと同様に、自らのブランドが、ニューヨークでもトップの座を得ること」を勇気を奮い断言しました。彼女の銘は今日、世界中でヴーヴ・クリコの印となっています。

これは偉大なる女性の物語であり、グラン・シャンパーニュの歴史でもあります。

1962年に誕生し、1972年にメゾン200周年を祝って世に出されたラ・グラン・ダムは、人々に感銘を与えた、強く象徴的なこの女性へのオマージュです。

ワイン造りの腕前

大胆なブレンド
ピノ・ノワール92%
ラ グランダム ロゼ 2008には、ヴーヴ・クリコのブドウ畑の中でも最も歴史的な地区の1つであるブジーのクルコリンからのピノ ノワール赤ワインが14%が使われています。
Play

ヴーヴ・クリコの卓越性を示すラ・グランダム

Vineyard Vineyard Vineyard Vineyard Vineyard

グラン・クリュのテロワールにおいて、ヴーヴ・クリコという存在は1760年にまで遡ります。

マダム・クリコは、最高のシャンパーニュを作るには最高の葡萄が必要であることを知っていました。類まれなる直感により幾つかの区画を指定、のちにそれらがその地区で最高のテロワールであることが判明します。こうしてマダム・クリコは、ヴェルズネイ、ヴェルジー、ブージーといった、何れも現在グラン・クリュとして格付けされる名高い区画を手に入れたのです。

テイスティングノート

ラ グランダム ロゼ 2008は、明るい銅色を帯びたピンクゴールドの美しい色合いです。
最初、フルボディでなめらかな感覚があり、次の瞬間には上品な新鮮な香りを味わいます。 ピノ ノワールは、ヴーヴ・クリコのセラーでゆっくり寝かされ熟成を経て豊かに美しいハーモニーを生み出しています。 このワインは、ラズベリーとイチゴの力強さと柑橘系の香り(ブラッドオレンジ、グレープフルーツ)が組み合わされ、赤い果実、ルイボスティー、上質な皮の微妙なスパイシーな感覚のと完璧な味覚のメロディーのバランスを醸し出しています。
その魅力はそのデリケートさとスムーズさです。 香りのフルハーモニーでフルーツの味覚がより輝き、チェリー、イチゴ、ブラックベリー、ブラックカラントのベリーフルーツの刺激を演出しています。 その力強さと若さは長い間の熟成により、また、ドライフラワーとスモーキーな音階によって角を落とされ、このシャンパンに最高のピノノワールの豊かさとその味わい深い複雑さとの調和を与えています。
Agreements
mets & wine
  • ビーフ
  • エビのラビオリ
  • ラム
  • トマト詰め

テクニカルノート

構成リザーブワイン赤ワインドザージュフレッシュさフルーティーさ
構成
Pinot Noir
92%
フルーティーさ
Meunier
0%
フレッシュさ
Chardonnay
8%
リザーブワイン
Blend
0%
赤ワイン
Clos Colin Pinot Noir
14%
ドザージュ
Brut
6G/L
Serving temperature
10-12
熟成能力
15
Years
ブレンド
6
Crus
  • Grands crus
  • Premiers crus
  • その他クリュ

『ラ・グランダム・バイ・バカラ』は、フランスの技の粋を特別に結集した象徴的クリエーションです。

マダム・クリコは、自らの影響力を筆の力よって世界中に拡散しました。代理店への指示や、顧客への対応、友人との連絡を書簡で行っていました。

メゾン・ヴーヴ・クリコは、マダム・クリコが残した書簡からヒントを得た、インク壺『ラ・グランダム・バイ・バカラ』を発表します。独自の技を受け継いできたこの二つのメゾンが、創作への情熱と卓越性への探求心に突き動かされて力を合わせ、フランスの並外れた職人技を象徴する一つの作品を実現しました。

世界中に15個のみ存在するこの特別な作品は、バカラの刻印と番号が入り、ラ・グランダムの1989年、2004年、2008年とともに納品されます。その傑出した品質からメゾン・ヴーヴ・クリコが選りすぐったヴィンテージです。インク壺を開くと、黒い錫と金でできたシャンパンクーラーとなり、ラ・グランダムのボトルを冷やすことができます。土台にはクリスタル製のバカラのグラスが4つ収められており、革で覆われた引き出しは、サービスプレートの役割を果たします。