ラ・グランダム

シャンパーニュの「偉大なる女性」という異名を与えられるほどに、マダム・クリコは前衛的な女性でした。1805年の夫の死により、マダム・クリコがわずか27歳でメゾンの舵を取ることになったとき、ビジネスの世界に女性の居場所はまだありませんでした。常に完璧を求めたマダム・クリコは、「品質はただ一つ、最高級だけ」をたゆまず追求し、その粘り強さと天性の才能により、自らの運命から解放されるようになります。

自由で野心的な女性として、マダム・クリコは、「サンクトペテルブルグと同様に、自らのブランドが、ニューヨークでもトップの座を得ること」と勇気を奮い断言しました。彼女の銘は今日、世界中でヴーヴ・クリコの印となっています。

これは偉大なる女性の物語であり、グラン・シャンパーニュの歴史でもあります。

1962年に誕生し、1972年にメゾン200周年を祝って世に出されたラ・グランダムは、人々に感銘を与えた、強く象徴的なこの女性へのオマージュです。

ワイン造りの腕前

大胆なブレンド
ピノ・ノワール92%
"ラ・グランダム 2008は、すべての面において上質であり、ワイン作りにおける偉業といえるでしょう。
アッサンブラージュはピノ・ノワール92%、シャルドネ8%で、ヴーヴ・クリコのスタイルの本質に迫り、ピノ・ノワールが優勢を占めることで確かな味わいを生み出しています。"
GUIDE BETTANE+DESSEAUVE 2019
CLASSÉ N°2
WINE SPECTATOR
95 POINTS
Play

ヴーヴ・クリコの卓越性を示すラ・グランダム

Vineyard Vineyard Vineyard Vineyard Vineyard

グラン・クリュのテロワールにおいて、ヴーヴ・クリコという存在は1760年にまで遡ります。

マダム・クリコは、最高のシャンパーニュを作るには最高のブドウが必要であることを知っていました。類まれなる直感により幾つかの区画を指定、のちにそれらがその地区で最高のテロワールであることが判明します。こうしてマダム・クリコは、ヴェルズネイ、ヴェルジー、ブジーといった、何れも現在グラン・クリュとして格付けされる名高い区画を手に入れたのです。

テイスティングノート

グランダム 2008は、金色にきらきら輝く光をまとっています。
香り立ちは力強く、空気感があり、デリケートなアタックが際立ちます。一度栓を抜くと、ドライフルーツ(アーモンド、イチジク、アプリコット)、熟れた白い果物(洋梨)のノートに続き、最後にヘーゼルナッツとプラリネの香ばしいノートが微かに現れます。これらの菓子のような特徴が、フレッシュさとアッサンブラージュの正確さとともに、完璧なバランスを作り出しています。
味わいは、力強く明瞭です。ラ・グランダム 2008は、柑橘類と赤いフルーツ(チェリー)の中でも若いフルーツを感じさせる、滑らかな舌触りが特徴です。
ピノ・ノワールはそのフレッシュさとミネラル感、力強さで、格別の味わいをもたらしています。ラ・グランダム 2008は複雑さ、構成、力強さのバランスが完璧です。
こうした特徴が相まって、フレッシュさとエレガントなバランスを作り出し、それをこのキュヴェの潜在性を引き出す完璧な糖分量(6 g/l)が引き立てています。"
Agreements
mets & wine
  • 牡蠣
  • 魚のタルタル
  • 帆立の貝柱
  • キャビア
  • 若鶏の胡麻風味

テクニカルノート

骨格リザーブワイン赤ワインドザージュフレッシュさフルーティーさ
骨格
ピノ・ノワール
92%
フルーティーさ
ムニエ
0%
フレッシュさ
シャルドネ
8%
リザーブワイン
ブレンド
0%
赤ワイン
-
0%
ドザージュ
辛口
6G/L
最適温度
10-12
熟成ポテンシャル
15
ブレンド
6
クリュ
  • グラン・クリュ
  • ルミエ・クリュ
  • その他クリュ

『ラ・グランダム・バイ・バカラ』は、フランスの技の粋を特別に結集した象徴的クリエーションです。

マダム・クリコは、自らの影響力を筆の力よって世界中に拡散しました。代理店への指示や、顧客への対応、友人との連絡を書簡で行っていました。

メゾン・ヴーヴ・クリコは、マダム・クリコが残した書簡からヒントを得た、インク壺『ラ・グランダム・バイ・バカラ』を発表します。独自の技を受け継いできたこの二つのメゾンが、創作への情熱と卓越性への探求心に突き動かされて力を合わせ、フランスの並外れた職人技を象徴する一つの作品を実現しました。
世界中に15個のみ存在するこの特別な作品は、バカラの刻印と番号が入り、ラ・グランダムの1989年、2004年、2008年とともに納品されます。その傑出した品質からメゾン・ヴーヴ・クリコが選りすぐったヴィンテージです。インク壺を開くと、黒い錫と金でできたシャンパンクーラーとなり、ラ・グランダムのボトルを冷やすことができます。土台にはクリスタル製のバカラのグラスが4つ収められており、革で覆われた引き出しは、サービスプレートの役割を果たします。