La Grande Dame

Rosé 2015

マダム・クリコへのカラフルなオマージュ

ヴーヴ・クリコは、マダム・クリコのパイオニア精神に捧げる「ラ・グランダム・ロゼ2015」を発表します。

1818年、彼女のお気に入りであった「クロ・コラン」区画の赤ワインを白ワインとブレンドすることで、従来の慣習を覆しました。当初は批判を浴びましたが、現在では彼女が初めてロゼ・シャンパーニュをブレンドした発明者として認められています。

"ラ・グランダム 201 5ロゼは、マダム・クリコの真髄です。彼女の個性、エネルギー、創造性、そして何よりもピノ・ノワールへの愛情を完璧に表現しています。"
ディディエ・マリオッティ・セラーマスター
ラ・グランダムはヴーヴ・クリコの最高傑作

ラ・グランダム・ロゼ 2015は、ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%のブレンドに、歴史的区画「クロ・コラン」のピノ・ノワールの赤ワインを13%加えています。

ピノ・ノワールのユニークで正確な品質は、ヴーヴ・クリコのシャンパーニュを支えています。マダム・クリコは、"私たちの黒ブドウが最高級の白ワインを造るのです"。と、語っていました。ピノ・ノワールの多様性とフレッシュさは、シャンパーニュ地方特有のテロワールの本質を捉えています。

La Grande Dame
Rosé 2015

ヴーヴ・クリコの最新キュヴェは、太陽をいっぱいに浴びた2015年ヴィンテージと、ピノ・ノワールの赤ワインの正確さ、深み、個性を調和させています。胡椒、ナツメグ、クローブなどのスパイス香が、赤い果実の繊細なアロマと絡み合い、バラやスミレのフローラルなニュアンスも感じられます。

Image without a name
製品が入手可能な時期を知る
Image without a name
色彩豊かな料理の祭典

ガーデン・ガストロノミーは料理の祭典であり哲学であり、世界中のシェフが参加するグローバル・コミュニティです。一流のシェフたちが、プレステージ・キュヴェであるラ・グランダムとのペアリングのためだけに専用レシピを考案します。

ヴーヴ・クリコの世界的なシェフ・コミュニティは、旬の地場産品と地域の生産者の技術を重視し、キュイジーヌ・デュ・テロワールへの集団的なアプローチです。

革新的な料理の基礎となるこの哲学は、ヴーヴ・クリコの卓越性への献身を反映しています。

ラ・グランダム・ロゼ 2015 by パオラ・パロネット

ヴーヴ・クリコは初めて、ラ・グランダム・ロゼのギフトボックスのデザインをアーティストに依頼しました。新しいピンクのケースは、カラフルなラ・グランダム 2015 コレクションの仲間入りを果たし、ヴーヴ・クリコのオプティミズムのメッセージを世界に発信し続けます。

「色彩の巨匠」は、97色のパレットの中から「ペスカ・キアロ」を選びました。鮮やかなライトピンクは、キュヴェのフレッシュさと深みを表現しています。

Portrait Paola Paronetto
Bottle La Grande Dame Rosé 2015 with pink gift box
Bottle of La Grande Dame with set of gift boxes