格別なブドウ畑

格別なブドウ畑

創業者のフィリップ・クリコからマダム・クリコ、その後の世代が決断力、直観力と洞察力を持って受け継いできたヴーヴ・クリコのブドウ畑は、シャンパーニュ地域でも高い格付けを誇ります。

ヴーヴ・クリコの所有する393ヘクタールのブドウ畑は、17カ所あるグラン・クリュ(特級畑)のうちの12カ所、44カ所あるプルミエ・クリュ(一級畑)のうち18カ所という、まさに最高のシャンパーニュ生育地域にあります。このブドウ畑は、ワイン造りへのテロワールの適性とそこで生産されるブドウ品質に基づく順位付けで平均で約96%という非常に高い評価を得ています。

ブドウは主に土壌が浅く日当たりがいい丘陵地で栽培されます。

もっとを見る

セラー

セラー

シャンパーニュのボトルを貯蔵するのに石灰岩の採石場を使うことを最初に思いついたのは誰なのでしょうか。ヴーヴ・クリコはこのアイデアに着目し1909年にランス郊外にあるサンニケーズの採石場を購入、現在もセラーとして活用しています。 セラーに携わった人物たちの印が青白い壁に刻まれた光と影の宮殿。石灰岩のセラーは最高級のヴィンテージにとって静かな休息地となります...石灰岩のトンネルは全長24kmにも及び、メゾンへの敬意を表したモニュメントになっています。世界中から訪れた人々がここでヴーヴ・クリコの歴史とサヴォア・フェアを体験するのです。

セラーの見学

ホテル・ドゥ・マルク(HÔTEL DU MARC)

ランスの中心に佇むホテル・ドゥ・マルクはフランスの生きる芸術であり、世界中からヴーヴ・クリコのワインと歴史を観に多くの観光客が訪れます。 1822年、マダム・クリコはセラーを設置するためにこの土地を購入しましたが、最終的には彼女の信頼するビジネスパートナーであるエドゥアルド・ウェルレに寄贈することを決断しました。彼は1840年にこの土地に自宅を建て、1884年に亡くなるまでここで過ごしました。 その後、ホテル・ドゥ・マルクとして会社の役員らが居住する傍ら、ビジネスパートナーや顧客を世界中から招いています。

Veuve Clicquot - We are Clicquot

WE ARE CLICQUOT

エピソード 8:オリバー・リヴォア、ホテル・ドゥ・マルクのホスピタリティ
エピソード 8:オリバー・リヴォア、ホテル・ドゥ・マルクのホスピタリティ

オリバー・リヴォアはヴーヴ・クリコとその所有財産のホスピタリティ・マネージャーです。ランスに生まれた彼は、世界中から訪れる特別なゲストをシャンパーニュ地方らしくあたたかくもてなしています。オリバーは滞在、ランチ、ディナーをゲストに合わせて用意し、忘れえないヴーヴ・クリコの体験を提供しています。メゾンの主催者兼アンバサダーとして、彼はヴーヴ・クリコの伝統とフランスの文化を伝えています。

エピソードの詳細(Youtube) エピソードの詳細

ヴェルジーの荘園

ヴェルジーの荘園

ヴェルジーの荘園はランス山のブドウ畑の中にあり、ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンが19世紀後半から所有してきました。もともとブドウ畑の管理者の家でしたが、現在はメゾンのゲストを迎える際に使われています。愛らしい薔薇園も見渡せるなど、シャンパーニュ地方のため息が出るほど素晴らしい景色が広がります。 最高のハウス・ヴィンテージのテイスティングとシャンパーニュの昼食が定期的にダイニングで行われますが、天候がいい時は樹齢100年のアトラスシダーや薔薇、生け垣の連なる小道がある庭園でピクニックランチを楽しめます。 この庭園はヴーヴ・クリコ・ビジネスウーマン・アワードの栄冠を受けた人に捧げられたブドウ畑の一区画に隣接しています。

体験を予約する
パヴィヨン・ドゥ・ミュル

パヴィヨン・ドゥ・ミュル

この威厳のあるバンガローは、1920年に歴史的モニュメントとして位置付けらたもので、1846年以降はヴーヴ・クリコ・メゾンが所有してきました。1565年、領主のニコラ・ノエル・ドゥ・ミュルにより建てられ、シャンパーニュ地方では珍しいルネッサンス建築の一つとなっています。 手に入れたばかりの地下のセラーを利用するためにホテル・ドゥ・マルクを広げることを目指して、1846年にエドゥアルド・ウェルレがパヴィヨン・ドゥ・ミュルを購入しました。六角形の石でできた外観のおかげで、パヴィヨン・ドゥ・ミュルは地元の人々に「メゾン・オ・プティトゥ・パテ」(小さなパイの家)として知られ、愛されています。内装には、天井の梁と堂々とした大きな暖炉、ニスを塗った六角形のフロアタイルが使われ、フィレンツェの宮殿を思わせる造りです。

歴史遺産パビリオン

「Pavillon du Patrimoine Historique」(歴史遺産パビリオン)は、ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンの記録文書の保管に専用に使われています。メゾン設立以来のすべての事業記録がここに保存されています。この価値の付けられない遺産は、シャンパーニュ造りの工程や商取引、分かりやすく言えば、ランスとシャンパーニュ地方の歴史に関する貴重な情報源なのです。 この遺産拠点には、セラーマスターがブレンドの秘密を記録したセラーノートなど、数多くの本物の宝物があります。遺産の館は図書館でもあり、こうした記録文書を参照できます。 クリコの館の目的は、その遺産を保管するとともに共有することです。公開している間も記録文書が確実に初期の状態を維持されるよう、あらゆる努力がなされています。この歴史遺産パビリオンは、定められたルールを守るならば、予約することで誰でも利用できるよう開かれており、遺産専門家が居て来館者が調べ物をする手助けしています。