Slow cooked lamb empañadas
ヴーヴ・クリコのロゼと合わせて

じっくりと時間をかけて調理したラム肉のエンパナダス

By Sabrina Goldin and Stéphane Abby
エンパナダスはとてもアレンジしやすい料理で、どんなものでもフィリングになります!野菜は、様々な季節野菜やお好みの野菜に置き換えていただけます。個人的には、細かくみじん切りにするよりも、大きめにカットした野菜を入れたエンパナダスが好きです。ですので、すべてをお好みのサイズや切り方で、自由にカットしてください。
Play

レシピを試す

必要なもの

  • 大きな赤玉ねぎ 1個
  • エシャロット 3個
  • にんじん 2個
  • にんにく 1片
  • 砂糖 小さじ4杯(私はココナッツシュガーを使用します)
  • トマトピューレ 1缶
  • 新鮮な(または、乾燥)タイム 1束
  • クミン ひとつまみ
  • – じっくりと時間をかけて調理したラムの挽肉 400g(ナイフで刻んだ赤身肉や鶏肉、マッシュルームにも置き換え可能)。お好みに合わせて量を調節してください!
  • フィリングが柔らかすぎる場合に入れるマイゼナ(コーンスターチ) 小さじ1杯
  • パイ生地/パフ・ペストリー
  • 卵液用の卵 1個
  • ミント・シャンパーニュ チミチュリの材料:
  • 新鮮なパセリ、コリアンダー、ミント
  • ドライチリフレーク、オレガノ、ローズマリー、にんにく、その他お好みのハーブ
  • 味わい深くするためのシャンパーニュ、リンゴ酢、そして、たっぷりのオリーブ・オイル!
Instructions
エンパナダスの作り方:
-すべての野菜を切る。私は荒く大きめにカットするのが好きです。
-玉ねぎをたっぷりのオリーブ・オイルで炒め、あめ色になったら、エシャロット、にんじん、にんにくを加える。砂糖と塩を加え、にんじんが柔らかくなるまで炒める。タイム、クミン、その他お好みのハーブを加える(ローリエの葉、オレガノ
など)。
-調理した挽肉を加え、3分間炒める。トマトピューレとたっぷりのコショウを加え、とろっとするまで煮込む。
-フィリングを火から下ろし、冷ます。時間があれば、フィリングを一晩寝かせると最高の味わいになります。
-作業台に小麦粉をまぶし、生地を円形にカットする。バターは溶けやすいので、ペストリー生地やパイ生地は素早く作業を進めてください。可能であれば、大理石の上で作業します。私たちが準備したエンパナダスは直径12cmですが、サイズはお好みに合わせて、もっと小さくすることも可能です。
-必要に応じて、包む前に円形の生地を休ませる。

包み工程:
- 円形の生地を手のひらに取り、少量の水で円の端/生地の縁を濡らします。
-小さじ山盛り1杯のフィリングを中に入れ、端を押さえながらエンパナダスを閉じる。半月形にします。最終的な「レプルゲ」形には、アルゼンチン風エンパナダスの包み方をチュートリアルで見るか、縁をフォークで押さえながら閉めます。
-卵液をハケで塗り、クッキングシートを敷いたオーブンプレートに並べ、180℃に予熱したオーブンで20分間、または、黄金色になるまで焼く。エンパナダスを焼いている間に、チミチュリを作りましょう!
-新鮮なハーブの束をカットし、オリーブオイルと一緒にすり鉢の中に入れる。ペースト状になるまですり、乾燥ハーブとスパイスを加え、次に、ヴーヴ・クリコ ローズ・ラベルとリンゴ酢を少量、オリーブオイルをたっぷりとお好みの固さになるまで加えます!サラダを作りましょう。私たちはトレビス、葉野菜、レッド・ブラッド・オレンジ、フェタチーズ、ドライカレンデュラで作ります。

発見

Sabrina Goldin and Stéphane Abby

2014年、サブリナはアルゼンチンから工業デザインの学位とハンドバッグのブランドを携えて来仏しました。彼女は食に強い関心を持っていたものの、レストラン業界での経験はありませんでした。そんな時ここで、コートジボワールでレストランホテルを経営する祖母を持つステファンと出会います。2人は、アルゼンチンのストリートフードを広く一般的に普及させることを目標に、Asado Clubを立ち上げることを決めました。Asado Clubが誕生して以来、様々な事が起こりました。度重なるロックダウンや夜間外出禁止令などが発令される中、多くの改革をもたらし、Carbònを盛り上げました。彼らはCantinaもオープンしましたが、その後、すぐにクローズしました。また、ホイ・ヨガ・ホテルに野菜をベースとしたレストラン、Mesaをオープンしました。今はサルデーニャ島にバーをオープンさせる計画を立てています。端的に言えば、決して屈することのないサブリナとステファン、それは、ヴーヴ・クリコが伝えたい物語です。