シェアする

ラ・グランダム

Buy now

ラ・グランダムは、メゾン創立200周年を祝うために1972年に作られ、「シャンパーニュのラ・グランダム(偉大なる女性)」として知られるマダム・クリコへ向けた賛辞です。私たちの歴史的なグラン・クリュのうち8つだけをブレンドしたもので、ヴーヴ・クリコのスタイルを表現したミネラル質とフレッシュな味わいです。

キュヴェ

ラ・グランダム2006は、私たちの8つの伝統的なグラン・クリュだけをブレンドしたもので、アイ、ブージー、アンボネ、ヴェルジー、ヴェルゼネのピノ・ノワール(53%)、アヴィゼ、オジェ、ル・メニル=シュル=オジェのシャルドネ(47%)を使用しています。

2006年のブドウの収穫

特に寒くて長い冬でした。それとは対照的に春は発芽に良い条件が揃いました。
開花は季節外れの暑い気候だった6月で、夏は混沌とし、8月は晩秋のような気候でした。幸運にも、ブドウは順調に成長し、飛び抜けた品質の豊富な実りとなりました。

このため、9月14日から29日にかけて非常に上質なブドウ作物を収穫できました。摘み入れのまさに最後に、灰色カビが発生しましたが、作物の品質には影響がありませんでした。選別は効率的に行われました。

ピノ・ノワールのワインは、フルーティでフルボディですが、シャルドネのワインはかなり特徴が異なります。

" シャンパーニュの芸術について "

テイスティング

色調

金色に反射する輝き

非常に上質できらびやかな気泡

香り

鉱物と花

新鮮な果物

焼いたパンの香り

淡い金色の液体。核果類からドライフルーツ、控えめなペストリーの気配、ジンジャーブレッド、さらにモカへと変化する複雑な香り。。。ひとたび口に含むと、緻密さと新鮮さがひとつに融合した味わいが広がる。ちょうどよい長さのフィニッシュ。ラ・グランダム(偉大なる女性)と呼ばれたマダム・クリコを思わせる贅を極めたヴィンテージ。

ジルベール&ガイヤール
2015年12月

" フードペアリング "

アペリティフ 塩漬けのスモーク 貝・甲殻類(ロブスター、牡蠣) アミューズブッシュ 魚(マトウダイ、スズキ) 帆立貝 乾燥チーズ(羊) 柑橘類の軽いコンフィ
当店のベストレシピをお試しください

We are Clicquot

エピソード #3 : フィリップ、ヘッドオノロジスト

エピソード #3 : フィリップ、ヘッドオノロジスト

フィリップは、1985年からオノロジストチームで、メゾンのワインブレンディングの責任を担っています。ワインメイキングは、彼の情熱であり、チームは一貫して品質を保持しながら、より良いものを作ろうといつも努力しています。50種類ものワインをテイスティングする日々が、クリコスタイルを決めます。このスタイルは、収穫から収穫へ、世代から世代へ受け継がれる、メゾンのアイデンティティです。フィリップのストーリーをさらに詳しくご覧ください。

エピソードの詳細(Youtube) もっとを見る

テクニカルノート

ラ・グランダム2006

購入はこちら