Champagne
カーヴ・プリヴェ 1982

カーヴ・プリヴェ 1982

Champagne Champagne
シェアする

ヴィンテージ

カーヴ・プリヴェ 1982

発芽が遅かったものの、葡萄は非常に好ましい天候のもとで通常通り成長していきました。ブドウの房は全3品種で非常に状態が良く、過去2年間でほとんど実を付けなかった葡萄が最大に成長しました。9月に非常に晴れて天気が良かったことで、この大量の収穫物は十分に熟したのです。
Intro

ふわふわした白カビが6月と7月にいくらか発生し、また季節の終わりにはハダニが湧きましたが、なんとか葡萄への深刻な被害はありませんでした。クリュによって摘みいれが9月17日と20日のあたりに始まり、記録された収獲量が1970年のそれを超えました。その量にも関わらず、葡萄液の品質は天候に恵まれたおかげで良好でした。

カーヴ・プリヴェ 1982は、ランス山、マルヌ大渓谷、コート・ド・ブランにある地域の9のグラン・クリュおよびプルミエ・クリュのワインでできています。
ブレンド率はピノ・ノワール 66%、シャルドネ34%です。

 

テイスティング

味わいは驚くほど若々しく、ワインのフレッシュさを強調するミネラル質があり、フィニッシュはサンダルウッドとドライアプリコットのノートを持ちます。

香り

  • 金色、琥珀色に反射
  • 発泡は軽く繊細で、微かにゆっくりと生じます。

色調

  • ドライフルーツ
  • ココア、ソルトしたキャラメル、キャンディにした柑橘類の香り
Champagne

フードペアリング

提言

  • 長期熟成したコンテ
  • ミモレット
  • 地中海料理
  • パルメザン
  • スパイス料理

クリコ・グルマン

メゾン・ヴーヴ・クリコが伝統的なアペリティフに 革新を起こします。

We are Clicquot

Play
マリエ-パスカル, 手作業のラベリング
エピソード #2

テクニカルノート

構成リザーブワイン赤ワインドザージュフレッシュさフルーティーさ
構成
ピノ・ノワール
66%
フルーティーさ
ムニエ
0%
フレッシュさ
シャルドネ
34%
リザーブワイン
なし/ありません
0%
赤ワイン
なし/ありません
0%
ドザージュ
辛口
5 G/L
適温
10-12
熟成能力
熟成能力
2020
ブレンド
8
クリュ
  • グラン・クリュ
  • プルミエ・クリュ
  • その他クリュ

シャンパーニュ

参照事項
  • イエローラベルブリュット
    Champagne
  • エクストラブリュットエクストラオールド
    Champagne
  • ローズラベル
    Champagne
  • リッチ
    Champagne
  • ホワイトラベルドゥミセック
    Champagne
  • ヴィンテージ ブリュット 2008
    Champagne
  • ラ・グランダム 2006
    Champagne