Champagne
ヴィンテージ ロゼ 2008

ヴィンテージ ロゼ 2008

Champagne Champagne
シェアする

ヴィンテージ

ヴィンテージ ロゼ 2008

各ヴィンテージと同様、このワインは、その年の気象や天候に反映しています。2008年は、理想的な状態でブドウが成熟して素晴らしい状態で終えました。収獲は、シャンパーニュ一帯で一丸となって、9月中旬から10月初旬にかけて完璧な気候のもとで行われました。
Intro

この収獲で獲れたブドウの品質は特別に良く、熟成能力は非常に高いものでした。

当然、2008は、ヴーヴ・クリコ・ヴィンテージとされ、1810年のメゾンの最初のヴィンテージ以来、2002、2004に続き、65番目のヴィンテージとなりました。2008年ヴィンテージで新しくなったこと:ワインの5%がアリエやヴォージュのフランス中部の森の木でできた樽の中で作られ、熟成されました。これは、私たちのおいしいワインのヴィンテージの複雑さと香りの豊かさを増すためです。こうした樽で熟成されたワインは、アッサンブラージュのスパイスとして作用します。木のようなバニラ、パンを焼いた香りを非常に軽くもたらします。

 

テイスティング

クリアで緊張感のあるアタックから、よりフルボディーのしっかりしたエネルギッシュな舌触りに移り変わります。 香りが完璧に響き合い、ミネラル質によって、ピノ・ノワールの誰にでも受け入れられる赤いフルーツの香り(モレロチェリー)が、シャルドネの軽くキャンディにした柑橘類のノートと合わさってあらわれます。甘いペストリーの香りがワインの長くゆっくりとした澱の上での熟成に重要な要素です。最後まで続く、果物のジューシーなフレッシュさと合わさって、タンニンの力強さが完璧なバランスで、驚くほど余韻のある、繊細でシルクのようなフィニッシュへと導きます。

香り

  • 明るいピンクに軽い銅が反射するような色
  • 非常に繊細な気泡

色調

  • 新鮮な赤い果物(苺、ラズベリー、チェリー)
  • 柑橘類の香り(グレープフルーツ)
  • シナモンとバニラの軽くスパイスしたノート
  • ドライフルーツとブリオッシュのノート
Champagne

フードペアリング

提言

  • 斑点
  • 牛肉のカルパッチョ
  • ツナ
  • 子羊
  • ミモレット
  • 熟した果実

クリコ・グルマン

メゾン・ヴーヴ・クリコが伝統的なアペリティフに 革新を起こします。

We are Clicquot

Play
マリエ-パスカル, 手作業のラベリング
エピソード #2

テクニカルノート

構成リザーブワイン赤ワインドザージュフレッシュさフルーティーさ
構成
ピノ・ノワール
61%
フルーティーさ
ムニエ
5%
フレッシュさ
シャルドネ
34%
リザーブワイン
ブレンド
0%
赤ワイン
ブジー産赤ワイン
+ 14%
ドザージュ
辛口
8 G/L
適温
10-12
熟成能力
今から~まで
2030
ブレンド
8
クリュ
  • グラン・クリュ
  • プルミエ・クリュ
  • その他クリュ

シャンパーニュ

参照事項