ローズラベル

로제 샴페인
シェアする

ローズラベル

マダム・クリコは、赤ワインをイエローラベルのシャンパンにいくらか加えることでブレンドされた最初のロゼ シャンパーニュを1818年に作りました。出来上がったのがヴーヴ・クリコ ローズラベルであり、
フルーティーでフルボディの、ヴーヴ・クリコのスタイルを表現したものでした。

アッサンブラージュ

50~60の様々なクリュを使用して作られ、キュヴェはブリュット・イエローラベルをベースにしています。 伝統的なブレンド率は、ピノ・ノワールが44~48%、ムニエが13~18%、シャルドネが25~29%です。
Rosé Champagner intro

ブレンドには特に高い割合(25~35%、時には 40%)で、何回かの収獲(通常5、6回)を元に作られたリザーブワインが入っており、これによってメゾンのスタイルの一貫性を確実に保っています。

リザーブワインは、ものによっては9年物もありますが、ワインが造られたクリュと年度に基づいて個別に保管されています。

このブレンドは、特別に栽培および選別された赤ブドウを使用した赤ワインを12%使用して完成され、飛び切りのバランスをこのロゼに与えています。

テイスティング

コッパーオレンジ。苺と熟した野苺のような表現豊かな香り。フルボディでしっかりしたワインのような味で、フレッシュさを残す。余韻と特徴がこのシャンパーニュを物語っている。

GILBERT & GAILLARD

香り

  • 輝いた色
  • コッパー色

色調

  • 新鮮な赤い果物
  • ドライフルーツとビスケット
  • 菓子パン
Rosé Champagner

フードペアリング

提言

  • ツナ
  • ビーフカルパッチョ
  • アヒル
  • 赤い果物
  • トマト

クリコ・グルマン

メゾン・ヴーヴ・クリコが伝統的なアペリティフに 革新を起こします。

We are Clicquot

Play
ティエリ・ピエロ, ブドウ栽培者
エピソード #11

テクニカルノート

構成リザーブワイン赤ワインドザージュフレッシュさフルーティーさ
構成
ピノ・ノワール
50 ~55%
フルーティーさ
ムニエ
15 ~ 20%
フレッシュさ
シャルドネ
28 ~ 33%
リザーブワイン
ブレンド
30 ~ 45%
赤ワイン
赤ワイン
12%
ドザージュ
辛口
10 G/L
適温
8-10
熟成能力
3
生産年
ブレンド
50-60
クリュ
  • グラン・クリュ
  • プルミエ・クリュ
  • その他クリュ