シェアする

感謝祭:七面鳥、みかんガーリックと共に - @missmaggieskitchen

どのようにして、感謝の気持ちを伝えますか? 一言「ありがとう」と伝えるだけで十分という人もいれば、食事を共にしたり、時間を共に過ごし、相手に感謝の気持ちを伝える人もいるでしょう。 いずれの場合も、気持ちを込めて伝えることが重量です。

準備:15分、調理2時間~2時間30分、10人分

材料:七面鳥4.5kg~5kg、みかん5個、ニンニク6個と片、タイム10本、塩、コショウ、チキンブイヨン480ml、溶かしバター150g

容器にバター、みかん5個分の皮、薄切りにしたニンニク3片、タイムの葉小さじ2杯を入れ、混ぜ合わせます。みかんを水平に2等分します。

七面鳥の皮をそっと持ち上げ(胸肉ともも肉)、上記の混ぜ合わせた材料の一部を塗ります。残りは七面鳥の皮の上に揉みこむようにして塗ります。塩コショウし、室温で1時間置きます。

200℃に予熱したオーブンに七面鳥を入れ、黄金色がかった色になるまで30分ほど焼きます。にブイヨンを加え、さらに30分焼きます。その後、2等分したみかん、半分に切ったニンニクとタイムの葉の残りを七面鳥の回りに置、さらに1時間焼きます。途中で2回、七面鳥から出た肉汁を七面鳥にかけます。焼き具合を確かめながら、必要に応じて、20分から30分ごとに肉汁をかけながら、さらに焼きます。

七面鳥をみかんとニンニクと共にお皿にを盛ります。残った肉汁とニンニクを鍋に取り、よくかき混ぜながら5~7分間弱火で煮詰め、ソースにします。味をみて塩コショウで整えてください。七面鳥を切り分け、皿にのせ、ソースをかけます。

あらかじめ七面鳥をバター、みかんをニンニクを混ぜた材料で下拵えし、冷蔵庫に一晩置くと、香りがより染み込みます。その場合は、オーブンでローストを始める少なくとも1時間前に七面鳥を冷蔵庫から取り出し、室温で休ませます。

関連記事

International

ニュークリエイターのご紹介:@SKYEMCALPINE 「人生はその人次第、本能で感じるままに」@Skyemcalpineは、学業と図書館の生活を早朝のマーケットの賑わいとお料理に入れ替えて、大胆な一歩を踏み出しました。 彼女は現在、ロンドンとベニスで生活し、お料理について書き、自身の美しいお家で家族や友人のために料理をするのが大好きです。 #LiveClicquot

International

ニュークリエイターのご紹介:@MAMICHE @boulangeriemamicheのニュークリエーター、CécileKhayatとVictoria Effantinは、ロゼ シャンパンと一緒にお楽しみいただくためのパンを作りました。 パリ近郊のベーカリーの1つのブリオッシュのアイデアを取り入れ、伝統的なパン、ペストリー、クッキー、ケーキに特有のアイデアと活力を吹き込み、全てバターで作られた退廃的アートを生み出します。「私たちはトレーニングし直し、Mamicheに没頭しました。事業拡大となると、お客様とのつながりが失われがちですが、私たちの目指すところは近所のパン屋さんであり続けることです。」

Business Woman Award 2019 - Japan