シェアする

ラ グラン ダム、個性的なギフト

ただのシャンパンではないラ グラン ダムは、まさに、あらゆる言葉の意味を持つ贈り物です。

グラン・クリュのテロワールにおいて、ヴーヴ・クリコという存在は1760年にまで遡ります。マダム・クリコは、最高のシャンパーニュを作るには最高の葡萄が必要であることを知っていました。類まれなる直感により幾つかの区画を指定、のちにそれらがその地区で最高のテロワールであることが判明します。こうしてマダム・クリコは、ヴェルズネイ、ヴェルジー、ブージーといった、何れも現在グラン・クリュとして格付けされる名高い区画を手に入れたのです。やはりそれは本物の贈り物です。特別なおよばれにお土産として持っていく、またはパーティーに来ていただく方々にお出しするものとして、それは望ましい効果をもたらすものと確信されたものでなければなりません。「ラ グラン ダム」という3つの言葉 が刻まれたオレンジ色のラベルが印象的であること、また、最も重要なのは、ボトルから流れ出るゴールド シャンパンがとても目に美しく、美味しいこと。とても喜んでいただけると自信を持っています。

LGD 2008

LGD 2008

何百年にもわたるサヴォアフェール(経験)、ラ グラン ダムはこの上ない祝福のシャンパンであり、シャンパン自体が祝われるに値すると気づきました。そこで、2008年にこのヴィンテージ シャンパンを祝福するため、ヴーヴ クリコはフランスの著名なグラスメーカーであるバカラと協力し、特別な作品の限定版を作成しました。

マダムクリコが世界中のエージェントやクライアントと交換した手紙にインスパイアされ、バカラで作られたのラ グラン ダムのケースは、黒いクリスタルのインク壺のような形で、1989年もの、2004年もの、2008年もの、ブリュット&ブリュットロゼといった6本のラ グラン ダム シャンパンが入っています。このインク壺を開けると、そこには黒と金のピューターで作られたシャンパンクーラーが見えます。 そのベースには、4つのバカラクリスタルグラスのセットとレザーで縁取られたサービング プラッターに形を変える引き出しがあります。

未だかつてない、とてもユニークな贈り物です。

について学ぶラ グランダム

ニュースレターに登録すると、ヴーヴ・クリコの最新情報をご覧いただけます。

関連する記事

ラ グランダムがテーブルに登場 特別な祝福のための個性的なヴィンテージ ラグラン ダムは